2007年12月27日

上司が地雷を踏んだ

月曜日に私が風邪を引いてしまい、

気遣った主人が会社を休み、

風邪は主人に感染り……

私は入院手前まで病状が悪化し……

動けなくなった私を病院へ連れて行くために主人が又会社を休み……

そうこうして、1週間が経ちました。



会社で、上司に言われたそうです。

「休むのは構わないけれど、いつまでもパートのままか?

上(正社員)をめざすのなら、家庭くらい犠牲にしろ」



主人の地雷を踏まれてしまいました。




会社に行けない状態が続いています。

今日は何とか行きましたが、障害者雇用の担当である上司が

そういう言葉を吐くのは、意識として問題があるように

私は感じました。

主人の担当医は、「相手は普通の人と同じように君(主人)に

話してしまっただけで、聞き流しなさい」と言うのだけれど、

今後も障害者を雇っていくつもりなら、

上司にちゃんと伝えたほうがいいのでは、と思いました。





でも、伝わらなかったみたいです。
posted by 緑色 at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その会社に裁判してみませんか?また料理関係とか福祉とかそっちの仕事の方が。
あと資格や仕事の反省の時間を持って
施設警備員とかでも
Posted by まどか at 2008年12月26日 03:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74950606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。