2007年07月12日

自分にやさしくするってどういうこと?

薬の多飲以降、失語状態は続いています。

落ち着かなくて、過食気味になったり買い物依存が復活し始めたり。



自分を労わる、やさしくする、自分を大切にするって

どういうことなのか、教えて欲しいです。



散歩をすることがそうなのか。(免許がないからいつも歩いてます)

早起きすることがそうなのか。(だったら不眠で寝ていないので

私はいつも自分にやさしいです。ぐらぐらになるくらい優しいです)

掃除がそうなのか。(体の弱い私には困難な労働です)

食に関心がないけれど、何か食べることがそうなのか。(苦痛です)

空を見たり植物を見るのがそうなのか。(見て、何が楽しいの?)




わからないんです。




私は、親に、都合のいいときだけ認められてきました。

親の思い通りになっている時は「自慢の娘」

親に逆らったり思い通りにならない時は「死ねばいいのに」

目の前で兄が虐待を受けているのを見せ付けられながら。

それは脅迫以外の何ものでもなく。


私は、小学校になる頃には、「自分の意思」を潰されていました。




親元を離れ、嫁いだ今。

主人の<都合のよいようにしなければ>認められない、という

不安が根強くあります。頭では違うとわかっていても、

<心>が恐怖にとりつかれているのです。

無条件に愛されたことがないから、<無条件>がわからない。

何らかの条件を満たさないと自分自身を評価できない。

(他人のことなら許せるのに)

それも、乗り越えたいトラウマのひとつなのです。






問われたのでここではっきりと答えます。

<私には、「自分の考え」を構成できる環境はなかったのです>。


過剰ですね、という言葉にも、素直に頷きます。

<だから障害者手帳を交付されたり、病院通いをしているのでは

ないですか!!>




でも、

他人に完璧を求めている、と言われたことについてはノーです。

<自分に>完璧を求めているのです。

だって、親がそう求めていたから。

親が亡くなっても、染み付いた習性は残っているから。

だから苦しいんです。それを取り除きたいんです。

だけど、どうしたらいいのかわからないのです。




本当に私が他人に完璧を求めているのなら、

例えば、途中まで書きかけた作品を放り出している人間に対して

最後まで書き上げろ、としつこくしつこく迫っているでしょうね。

書けない時もあるよ、なんて容赦したりしませんよ。




私は、病院や医師や心理士が私を治してくれるとは本当には

思っていません。自分を治せるのは自分しかいないから。

最初に欝の大発作を起こしたとき、私は自力で治したから。



でも、

どうしていいかわからないときに、専門家の手を借りたいと思うのは

いけないことなのでしょうか?

それは過剰なことなのですか?



あなたは、病気のときに医者を頼るのを過剰だと思いますか?



もしそう思うのなら、きっと私は<オカシイ>んです。

心を病んでいるのは事実ですし、それも認めましょう。





ただ、このブログは私が人に表立って言えない弱音を吐き出したくて

設けた場所なので、「ここでも弱音を吐くな!」といわれてしまったら

それこそ心の排水溝がなくなるのです。

それがどういうことかは、お察し下さい。






オカシイ頭で書いたので読みづらい記事になってしまって御免なさい。
posted by 緑色 at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかもう、何を言っていいのかわかりません。

アドバイスのつもりで書く言葉が全て裏目に出ている気がします。

心を掻き乱すことばかり言ってごめんなさい。

私は沈黙の人になります。
こちらのブログで発言する事はありません。
ただ見守ることにします。

表のブログでお会いしましょう。
Posted by めぃ at 2007年07月12日 19:23
めぃさまが私のことを一生懸命に考えて発言して下さっていることは理解しています。
心が追い詰められて書けなかったけれど、頭では感謝もしています。仰っていることもわかります。

でも、「善意のナイフ」ってご存知ですか?
めぃさまのご発言は、私を傷つけ追い詰める形の「善意の発言」だったんです。

頭では理解できる。けど、心ではワカラナイ。
アドヴァイスが欲しいのではないのです。
めぃさまも、答えは自分で考え見つけるものだと仰ったでしょう。
必要なのはアドヴァイスではないのです。

ココロは、受容と共感を求めているのです。

理解できなくてもいい、ワカラナクてもいい。
ただ、一緒に泣ける人が欲しい。
そういう気持ちになったことってありませんか?

どうぞ、この先、「善意のナイフ」で誰かを傷つけたりなさいませんように、祈っています。
ありがとうございました。
Posted by 緑色 at 2007年07月13日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47590933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。