2006年01月06日

今更言われても……

5日は午後からJ氏と隣町へお買い物。

目的はジンギスカンキャラメル

北海道限定品なんだそうな。でも、道外で入手。

味は……

ビミョウ。

帰宅後、主人と話しこむ。



私は昔、主人と色々話しこむのが好きでした。

主人もつきあってくれたし、2人して楽しんでいると思っていた。

ある日、主人は私に「君の話は疲れる」と言いました。



ショックでした。


以来、私は心を閉ざしました。


その時の話がフラッシュバックを起こしました。



主人は言います。

「仕事で疲れていたり、コンディションが悪くて、

長い話に耐えられないときもある、と言いたかったんだ」

そんな風には伝わらなかった。全否定された気がした。


8年経って、今更言われても、再び心を開けるようになるかは分かりません。

もう、苦しんで、泣き叫んで、諦めてしまった話題だから。。
posted by 緑色 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緑色さんへ>

人の言葉とか反応に敏感過ぎるような気がするなーって思いました。

人の言葉を気にするのは私もそうなので分かりますよ。

でも最近ようやく分かってきたのは、自分が思うよりも、他の人は自分のことをあんまり気にしてないってことですかね。これは悪い意味じゃなくてね。

きつい事言われたと自分では思っていても、自分が思い詰めるほどには言ってる事に深い意味がなかったりね。

あんまりびくびくしてて身動きが取れなくなるよりもあんまり周りの視線を気にしないようにして、思いつめないでいるほうがのびのび自由に動けて結果としてなんだかうまくいっちゃうような気がする〜。そんなとこかな。

Posted by めぃ at 2006年01月07日 03:15
>めぃ様
アドヴァイス有難う御座います。そうですね、自分は特に神経質なので、周囲の言葉に振りまわされてしまう傾向が強いです。もっと大らかになりたいですね。
Posted by 緑色 at 2006年01月08日 05:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

過敏であるということ
Excerpt: 他人の行動や態度に過敏に反応してしまい左右されやすいのは、 そうしなければ生きていけなかった時代の名残りと思われる。 子供のころから自分が良い状態で生きていくために頭をフル回転させ、 日々蓄積..
Weblog: Blowing in the Air
Tracked: 2006-01-07 04:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。