2008年06月24日

悪くなっていく、状況。

4月は頑張って出勤した主人。

5月に入ると、メンタルを崩し、半月も出られませんでした。

すると上司からこんな言葉が。



「もう君にまわせる仕事はないよ」

半日掃除だけして帰ってもらうかも、という内容でした。



時給制なので、当然給料も半減です。

暮らしていけなくなります。



6月に入り、主人は仕事を干されないようにと

鞭打って必死に出勤しました。

無遅刻無欠席で頑張りました。

そして上司にいわれたこと。


「やめてもらったほうがいいのかなあ」



一生懸命頑張ったことは一切評価されませんでした。


次の日、主人は倒れこむように会社を休みました。




障害者雇用って何なんだろう、と思いました。
posted by 緑色 at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。