2008年01月28日

自分を見失う

久しぶりにODしてしまいました。



主人は会社に慣れるのに手一杯。

慣れた頃にまた別の仕事をまわされる。

帰宅後はすぐに寝てしまう。



家政婦するのも疲れました。

私の存在意義って何だろう。


殆ど会話の無い夫婦。

ひとりぼっち家で留守を護っている私には、とても堪えます。
posted by 緑色 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

少し動けるようになりました。

やっぱり、年末に風邪で長く休み、

色々な人に「休むな」とプレッシャーをかけられたのが

問題だったようです。



「月に2回だけ、不定期で休みをもらえないか」と

会社と相談中です。

週5出勤を週4出勤にしてもいいのですが、

そうすると社会保険に入れなくなってしまうのです。


同期に入った他の障害もちの方は

週5フルタイムでなんて、働いていません。

主人は頑張っているほうなのですが

いかんせん、障害のことを忘れられがちです。


アスペルガーって難しいなぁと思いました。

頭がいい分余計に普通のことが出来ないのは

主人本人にとっても堪えることだろうなぁ。
posted by 緑色 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

動けない主人。

新年明けて、最初の欠勤。

どうしても起きられなくて、昨日、主人は欠勤しました。

「行けるものなら行きたいけれど、

しんどい、つらい、体が動かない。

どうしてこんなにつらいんだろう??」

半泣きで布団にこもる主人。



休んではいけない、と固く言い聞かせられているのに、

早々から休んでしまった。


医師は、過度の緊張で、人の何十倍も疲れやすい

だから朝動くのが人の何十倍もつらく感じるのだ、と

言って、SSRIを処方してくれました。

でも、効いてくるのは1ヶ月くらい服用してからだそうで。


その1ヶ月、いかに休まずに働くか、

根性論だけではどうにもならない

主人の大きな悩みです。




仕事ぶりは会社でも評価されています。

問題は欠勤が多いことだけ。



精神障害者のための、

生理休暇みたいなものがあったらいいのに。
posted by 緑色 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。