2007年12月30日

厳しい、現実。

心の障害というのはとても難しいと改めて思った。

やっぱり、会社としては会社の論理で動かざるを得ないわけで。

一方、病気は本人の意思や都合を尊重してくれないわけで。



障害者雇用でも欠勤してはならない、とアドヴァイスを頂いた。

欠勤するくらいなら、雇用時間を短縮しろ、と。


論理はわかる。

でも、主人の状態も、自分が経験している分、わかってしまう。

鬱で体が本当に動かなくなる、っていうことは起こるのだ。


だが、休めない。

休むわけには行かない。




それが、雇用された以上、最低限の掟、なのだから。



鬱と不安が絶えず主人の心を蝕んでいる。

現実は、働くということは、とても厳しい。
posted by 緑色 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

上司が地雷を踏んだ

月曜日に私が風邪を引いてしまい、

気遣った主人が会社を休み、

風邪は主人に感染り……

私は入院手前まで病状が悪化し……

動けなくなった私を病院へ連れて行くために主人が又会社を休み……

そうこうして、1週間が経ちました。



会社で、上司に言われたそうです。

「休むのは構わないけれど、いつまでもパートのままか?

上(正社員)をめざすのなら、家庭くらい犠牲にしろ」



主人の地雷を踏まれてしまいました。




会社に行けない状態が続いています。

今日は何とか行きましたが、障害者雇用の担当である上司が

そういう言葉を吐くのは、意識として問題があるように

私は感じました。

主人の担当医は、「相手は普通の人と同じように君(主人)に

話してしまっただけで、聞き流しなさい」と言うのだけれど、

今後も障害者を雇っていくつもりなら、

上司にちゃんと伝えたほうがいいのでは、と思いました。





でも、伝わらなかったみたいです。
posted by 緑色 at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

薬の所為でした

この1年でめっきり増えた体重が、落ち始めました。

薬を変えてから。



ホルモン剤を、漢方に変更したら、4日で2キロ。


薬って怖いな、と思いました……。
posted by 緑色 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

ストレスの所為でしょうか

食べたものを体が受け付けなくなりました。

食べる傍からお腹を壊してしまいます。

つらいです。
posted by 緑色 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。