2007年08月08日

わたしが動揺したわよ

母から仕事を迫るメールが連日続き、

私は家から出られなくなり、

病院もさぼりがちになり、

自分を責め、

一日中うずくまって堪えていました。


とうとう限界だと感じたときに

母にメールを打ちました。



「仕事の話はしないでください」



母からのメールは途絶えました。

そして、数日してからきたのがこんなメール。


「あんなこと言われたら、わたしが動揺するわよ」




あなたの言葉に傷ついて、うずくまっているしかなかった私は

動揺どころではなかったですよ、母。
posted by 緑色 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。