2007年07月14日

自分がつらいのは判らないのに。

幼い頃から人の顔を窺っていた所為か、

人がつらそうにしているのはわかることが多いです。

特に主人は近しいので、よくわかります。



私の所為でまた、傷つけている……




私がトラウマを乗り越えられないから、

主人はいつも傷ついています。

私はそんなつらそうな彼を見ていると泣けてきます。




どうしたらいいんだろう……

私に何が出来るんだろう……



主人がつらいのは、私もいやなのです。

何とかしたい、けど、どうしていいかわからない。

頭では理解出来たとしても、心が彷徨っているのです。

いえ、頭ですら理解できないのですが。




例えば、PTSD救済書籍のひとつ、

明石書店の「性的虐待を受けた人のポジティヴ・セックス・ガイド」

すら……見るに耐えなくて、読めませんでした。
posted by 緑色 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。