2007年07月10日

私が悪いのかも知れない。

新婚当初から、いえ、それ以前から、私は性的被害経験のトラウマに

取り付かれて、主人とそういう関係になれませんでした。

主人は心に病を抱えてはいるものの、通常の成人男子です。

妻に行為を求めることだってあります。

それは悪いことではないはずだし、おかしいことでもない、はずです。





私は、

触れられると悲鳴をあげて暴れ

涙をこらえながら行為に耐え



やっと終わると

「後味悪い」

と吐き捨てられます。






二人の距離はどんどん遠くなっていく……

互いに思っているのに、体が邪魔をして近づけない……






どうにかしたい、と思う私が悪いのです。



カウンセラー、臨床心理士は万能じゃない。

心の問題を解決するのは自分自身だ。

そんなことわかっています。


わかっていても、愛する人に触られてさえ怖いんです。

どうしていいかわからないんです。



色々な人に相談をしました。


<専門家の心のケアが必要です>


どこでもそういわれました。

カウンセリングも勧められました。

このブログでも。




臨床心理士が設置されている病院に移動したのは今年の2月。

やっとこの問題について専門家と一緒に向き合えるんだ、

そう思った私が、きっと、悪かったのです。



解決したい、と夜な夜な涙する自分が、

自力で何とかするべく答えを見つけられないのが悪いのです。






「あなたの問題は難しすぎて、カウンセリングでは治せないし

限界があります」

こう臨床心理士にいわれた時に、絶望を感じた私が悪いのです。

じゃあどうすればいいんですか、と問い返したとき、

「それを2人で考えていきましょう」と答えられ、



最初に不治宣言をしておきながら、そういうこというの?

それなら、不治宣言なんてしなければいいじゃない。

患者の不安や絶望をあおりたてなくたっていいじゃない。

最初から「一緒に考えていきましょう」じゃないんだ?



と不信感の塊になった私が悪いのです。



私は、こんな臨床心理士を

信頼し依存して裏切られたと叫んでいるのだそうです。




だとしたら、私が悪いです。全て悪いです。

存在する資格さえないほど、吐き気がするほど私が全て悪いです。






そんな私なら、生きていなければいい。死ねばいい。

そうしたら、主人と関係が持てない悩みもなくなるし、

臨床心理士に依存もしないでしょうから。
posted by 緑色 at 19:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。