2007年04月24日

支えてください

主人の再就職、初日が終わりました。

主人の主治医からは「仕事に慣れるまで支えてあげて下さい」

就職をフォローして下さった福祉団体からも同様のお話。



それまでは、「就職が決まるまで」支えてあげて下さい、だった。

次は、「慣れるまで」支えてあげて下さい。



慣れた頃には、私が支えるのは当たり前になっているだろう。

私が我慢して 私が譲って 遠慮するのが当たり前に

なっているだろう。




私を支えてくれるのは誰?



薬を多飲したくなりました。
posted by 緑色 at 10:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

考えることと、感じること。

私の住んでいる場所でも市議選が近づいています。

私達は障害者なので、障害に理解がある人に票を投じたいと

思うのは、おかしくないのではないかと思います。。。



色々なNPO法人の監修をしている現職候補のところに

話を伺いにいってみました。



その方は、以前私がとてもひどいことをされた某NPO法人の

監修もしているご様子。

その団体について、どう思っているのか聞いてみました。




「知的障害者は、知的に詳しい専門家のもとで、

 精神障害者は、精神に詳しい専門家のもとで、

 不登校やニートはその専門家のもとで

 それぞれ適切な対応をなされるべきだと思う」




……?



じゃあ、学習障害やADHDなどで学校についていけなくなった

不登校児はどこに配置されるの?

高次脳機能障害は知的障害で、高次神経障害は精神障害??

というか、知的障害者には心の問題は起きないの?

高機能自閉症については???




それよりも重要なのは、

障害者である前に、ひとりの人間として

全般的に見てはもらえないの??


それって別種の差別・隔離なんじゃないの???



話を伺うと、障害にすごく理解のある候補者なのですが

こちらが幾ら話をしても、リアクションがないのです。

あったのは、お金に関する話題だけ。






この人は、障害について 考えて はいるけれど、

感じて は、いないんだな。







他の候補者を検討することにしました。
posted by 緑色 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

主人の再出発。

主人の再就職が決まりました。

面接での手ごたえが悪かっただけに、不安も大きく、

採用の報せを頂いた時には躍り上がっていました。



今回の就職は、障害者枠での採用。

会社は障害を認知していますが、果たして現場の認知度は如何か。

そこが一番の不安点でもあります。


主人は、正確な診断はおりていませんが、「複雑な統合失調症」。

素人目には、高機能自閉症と注意欠陥多動と強迫神経症のきらいが

あるように見受けられます。

一見して障害があるとはわかりにくいです。



主人の脱・ニートは嬉しい限りですが、継続できるのか

理解が得られるのか、まだまだ不安はつきません。
posted by 緑色 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

「自分」

主人が、脱ニートしようとしています。

障害者枠で再就職が決まりそうです。

でも、仕事恐怖症になってしまった彼はぴりぴりしていて

毎日が緊張状態。



なので。


出来るだけ、主人が気楽に過ごせるように、と

自分のことは後回しにして、好きなように過ごさせています。





家にひきこもってゲームばかりしている主人

起こしても起きない主人

食事もゲームをしながらとる状態


それでも、これは就労不安の所為だから、我慢、我慢……









気がついたら

私は彼のために生きていて

彼は自分のために生きていて



私は「自分」を見失ってしまいました。
posted by 緑色 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。